2011年05月20日

授業を組む時の考え方(5)学び研準備委員会

今日は中美連しがの本部役員会・・・・
であると同時に学び研(滋賀大会)の準備委員会でもありました。
2011ueda.jpg

滋賀では例年通りの授業研〜実践報告の研修会を進めながら
それを学び研に上乗せしていこうと計画中です。

近々公開授業をしていただき、夏の大会でも実践報告をしていただく先生から
「こんな授業でいこうと思うのだけれど、どうだろうか」・・・という
検討会も兼ねていました。

これが「学び研」の中の内容の一角になるので、画像に写っているように大橋功先生からも沢山のアドバイスをいただきました。
実践は、1年生最初のデザインの基礎です。

そうです。このブログに数日前からアップしている領域です。(内容は違いますが)

実は・・・「授業を組む時の考え方」シリーズは、勝手にその発表者の先生に宛てて書いておりました。
(と言っても本人には知らせていないので、書くときのスタンスとして想定していた・・・という事に過ぎないのですが。)

だから今日の準備委員会で、そのご本人から
ブログ読んでますよ」と言われた時には、本当に驚きました。


posted by kazyhazy at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。