2011年05月09日

「鈴木先生」読了

<色:#006600>いやあ、すっかりご無沙汰です。
前回4月に更新してから、校内でバタバタがありまして
またもや、ホントにもう心が折れておりました。

クワムラ先生にもコメントをいただき、(ありがとうございます)
元気をもらい、久しぶりにブログを開いてみました。

もう一人関西勢から元気をもらいました。
久しぶりに谷山育先生から電話をいただいたのです。
その話題はというと・・・・・

「お〜梶岡くん! 君は鈴木先生というドラマを知っとるかね!」

・・・・というものでした。

番組はテレビ東京系なので、滋賀では見ることができないのですが
なんという偶然!
全巻持っている私は、発売されたばかりの最終巻を読んで
感動しまくっていたところへ掛かってきた電話なのです。

ドラマも原作に負けず、ナカナカの仕上がりだそうで
原作を知らない谷山先生も感心されたとか。

・・・・で、
「ドラマの台詞を聞いているウチに梶岡君のことを思い出してなあ」
・・・・だそうで、なんか似ているんだそうです。

自分で似ていると思ったこともないし、影響を受けた自覚もないんですが
言葉」というものの取り扱い方や
常識に惑わされない判断とか、共通項があるのかもしれませんね。

興味のある人はご覧アレ。


posted by kazyhazy at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。