2011年02月26日

いつも心に切り口を(15)秋田編7

美術教師同士の会話で、
「今、何をやらせてる〜?」
・・・というのをよく聞きます。この質問に対しては
「今は鉛筆デッサンをやらせてるねん」とか
「デザインセットで平面構成さしてるねん」とか
の返事が返ってくるわけですが、これは<色:#ff6600>秋田大会でも同様でした。

「私は今、こんなものを作らせているんだけれども・・・・」
「授業でこんな作品造りをやりました・・・」という具合です。

どんなタイプの作品を作ったか・・・それは表面的な事象でありジャンルですよね。
foram2_07.jpg

作り話に登場したA先生のように「絵画領域」をやった、「デザイン領域」をやったというのと
デッサン」を教えた「平面構成」を教えたというのは、同程度の深まりしか感じられません。

そこで・・・・
foram2_10.jpg
せっかく「美術による学び」研究会に来ているんだから「美術による学び」という切り口で検証し直しましょう・・・と言う風に持って行ったのでした。

う〜む
我ながら見事な構成だ(笑)

デジタルとアナログ」や「骨と肉」など、過去に連載した「切り口」を読んだ人が「またか」と思わないように別の切り口を持ってきて
それでいて
大会の趣旨である「美術による学び」に結びつけようという壮大な計画!野望!(笑)

どんな風に切ったかはまた次回。
(ひっぱりますね〜 < ロングバージョンですから)


posted by kazyhazy at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 切り口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。