2011年02月21日

いつも心に切り口を(13)秋田編5

メタ方向からのアドバイスの話までいきました。
教師に、授業に関するメタ認知をせよ・・・みたいな感じでしょうか。
その例として色々挙げました。
foram2_06.jpg

プレゼンの一番下に「くわしくはブログで(笑)」と書いてあるので詳しく書かなければいけませんね。  けど・・・殆どは過去の記事で書いてるんですよね。

いつも心に切り口を(6) 骨と肉1・・・で検索してみてください

これは「構造と内容に分離してみる」・・・ってやつです。
それから・・・・

右脳のアナログ処理1・・・という題の記事があります。

このシリーズは1〜4まであるのですが、「デジタルとアナログで分類してみる」ってやつに関係があります。
この記事は相当古いな。ブログを始めた初年度の記事です。

マトリクスに関しては過去に記事がありません。
マトリクスと言っても、例の映画とは関係ないですよ(当たり前か)

大学院生だった頃を思い出します。
「あなたがこれまで中学校で実践してきた授業(題材)を列挙しなさい」
と担当教授に言われて、ズラズラっとリストアップしたら今度は
「それをマトリクスで分析しなさい」
な〜んて言われたものです。

おそるおそる
「あの〜・・・Y軸とX軸は何でしょうか?」
・・・と尋ねたら
「それも自分で考えなさい!」ときたもんだ。

どうですか。これを読んでるあなた。
同じように言われたら。

きっと今まで使っていなかった新しい視点
今まで考えなかった角度で現れてはきませんか?



posted by kazyhazy at 21:54| Comment(3) | TrackBack(0) | 切り口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
詳しくはブログで
というフレーズで思わず笑ってしまいましたが、
かなり本気で探しました。
よくわからなかったので、リンクされていて、嬉しいです。これから読ませていただきたいと思います。
先生の、軽快な語りと、度肝を抜かされるフレーズに
笑ったり、焦ったりしながら聞かせていただきました。

展覧会の評価と授業の評価の話、すっきりしました!
もっとお話を聞きたかったです。
Posted by 森實 祐里 at 2011年02月22日 03:42
梶岡先生、昨日はありがとうございました。
森實先生、なんという時間にメールをしているのでしょう。3:42ですよ。札幌には時差があったっけ?
「Y軸もX軸も自分で考えなさい」ですか・・。
自分の価値観を定める。受動から、能動へ。
なるほど、創造的な教師になるための、重要なメタ方向のアドヴァイスですね。
いい勉強をしてきたんだなあ。
話は変わって、先日、「梶岡先生がTVに出ている!」 と思ったら、コブクロの背の高い方のヒトだった。
Posted by すずきひとし at 2011年02月22日 07:48
<色:#006600><span style="color: #ff6600;">コブクロの背の高い方に似ている</span>・・・と言ったのは鈴木先生で150人目ぐらいです。
毎年、大量の生徒に言われ続けて居ます。(笑)

森實先生!夜更かしは美容の敵ですよ。森實先生は<span style="color: #ff6600;">学び研のアイドル</span>なんだから気をつけなきゃ(笑)</色>
Posted by kajioka at 2011年02月22日 21:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。