2011年02月15日

いつも心に切り口を(10)秋田編2

では2つめ。
「美術とは何ぞや・・・?」と問われて
「そんなの簡単じゃん!絵を描いたり粘土で作ることさ!」
と答える人が居たら、そんな人を信用できないですよね。
さらに・・・
「教育とはなんぞや?」と問われて
「そんなの簡単じゃん!黒板の前に立って教えることさ!」
と答える人が居たら、これまた信用できないですよね。

じゃあ、美術教育を足した言葉である「美術教育」ってどうなんでしょう?
・・・・ってことです。
みんな気軽に、解ってるような気になって「美術教育とは・・・」と語ってない?
・・・・ってことです。
foram2_03.jpg
結構(美術教育という)不確定な世界でやってるよなあ>自分・・・という自覚はあります。

色々な機会に出かけて、授業実践を見せてもらうと
「あああ、これも授業じゃないなあ」と感じます。
どちらかというと
「あっこれは授業と呼べるな!」
と思える方が少ないです

しかも、それが私の見識・・・つまり余り高いとは言えない私のレベルでさえそう見えるということです。

例えば(奥村高明先生とか・・・)もっと研鑽を積んだ人が見たら、きっと私の実践であっても
「こりゃダメだ。全然わかっとらん」・・・ということになるであろうという自覚があります。

だから、こんなに低い視野であっても危機感が感じられるのだから、せめて私の見えている範囲だけでも、切り口を明確にして、分かり易く説明する方が良いのかな?・・とブログを立ち上げたわけです。

まあ、私がここに書いているような視点や切り口に気づき、発言するようになって20年弱
昔は(言葉足らずもあって)だれにも理解されなかったのですが、最近は耳を傾けてくれる方が増えてきて幸せです。
アクセス数も増えたし、愛読してくださる方々もいらっしゃいますしね。



posted by kazyhazy at 21:48| Comment(2) | TrackBack(1) | 切り口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TB&紹介ありがとうございます。
私も、わかった気になっている一人だなぁ・・・なんて感じています。「切り口」シリーズ、愛読して、研鑽を積みます。これからもよろしくお願いします。
Posted by アンドレカンドレ at 2011年02月16日 21:16
<色:#006600>andre先生に感心したのは、話題提供のプレゼンを、しっかり汲み取ってくれたこと<span style="color: #ff6600;">だけではありません</span>。会場内での意見交流の中で出た<span style="color: #ff6600;">「展覧会の審査的に作品を評価することと授業で生徒の学びを評価することの区別」</span>についても、プレゼンと絡めて理解なさっていることです。
実は同じ話を別の角度で言い換えているだけなんですよね。</色>
Posted by kajioka at 2011年02月16日 21:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

http://hakusuke.exblog.jp/12128079" target="_blank" rel="nofollow">授業の前提にあるものは?
Excerpt: 1つ大きな仕事を終えたので,計画的にそして関連するブログ,HPはリンクさせながら記事を書いていきます。  Part2の話題は,ブログ「B-said 美術教育雑感」を運営している梶岡創先生と,ムサ美の..
Weblog: つくること みること かんがえること
Tracked: 2011-02-16 22:26
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。