2011年02月13日

いつも心に切り口を(9)秋田編1

秋田の参加報告をすでにアップしましたが、同時進行で別のシリーズも進めていきたいと思います。

ひとりの参加者として、どんな話を聞いたか、どんなことがあったかを紹介するのが「参加報告」の方で、そちらの方も続けますが、それはきっと他の方々のブログに詳しかったり、大会運営・交流ブログもあります。

ここのブログの愛読者(?)が読みたいのは、きっとこっちの方だろうと思って「切り口」シリーズを再開します。
内容は、私が秋田大会でどんなに失礼な発表をしてきたか(笑)であります。

当日は発表時間も限りがあったけど、ここでは補足も入れながら書いていくので、もしかしたらこちらの記事の方が分かり易かったりして・・・・

発表の最初は、自己紹介も兼ねて美術室の写真や実践の生徒作品を紹介して・・・・・
foram2_01.jpg
こんな風にもっていきました。
自由奔放に・・・・」の文章は、このブログで以前に書いた記事のコピーです。
そして・・・・
foram2_02.jpg
余り楽観的に捉えないように、一つ目の前提を提示しました。
私の直前に、北海道の山崎先生に口火を切っていただいたのですが、その中にも同じような内容があったので「ああ丁度良い。バッチリだ」と喜んだのを覚えています。

山崎先生の話の中では、生徒作品展を見に行ったときに感じた危機感の話でした。他校の展示を見て「こんな作品が生まれる授業の背景に、何人の子どもが泣いているだろう」と嘆いておられるのが印象的でした。

(私も含めて)面白いことがやりたい!というのが人情。
誰もが「面白くない」ことよりも「面白いこと」に情熱を持つのは当然。
しかし、・・・・・
■自分達は結構やりたい放題やっている人種であるという自覚があるかないかでは大違いです。
ワガママを言いながら、自分がワガママであることをちゃんと自覚してるような感じでしょうかね。「自分はワガママではない!これで正しい」なんて信じてやってたら大変ですよねえ。

そして、面白いことに熱中するのは良いけれど
■面白いだけで、学びの裏付けのないものもだめです。

まあ、私たち美術関係者はやりたい放題の人が多いと思って、(自分もその一人だと思って)議論や研究を進めれば間違いない!・・・・ってこれ名言じゃない?
えっ?違うか。



posted by kazyhazy at 23:39| Comment(3) | TrackBack(1) | 切り口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
梶岡さん、お疲れさま。全然話できなかったあ。私がプレゼンで印象に残っているのはあの、かっこよさ、そして「授業もどき」。
 これ、学び研の感想にも書かれていますね。
 私も、話を取り上げていただいてありがとう。梶岡さんの主旨がわかっていたので、つながってほっとしています。
 それよりなにより、滋賀メンバーの何と言うか、一生懸命話を聞いてくれるのが印象に残っています。
 求めている姿勢ですね。いいメンバーだなあ。
私もがんばろうと思います。
Posted by 山崎正明 at 2011年02月14日 19:07
梶岡先生、遠いところありがとうございました。
秋田で、実際に初めて会って、ご挨拶したかったのに、かないませんでした。ごめんなさい。
先生のお話、とっても嬉しかったです。
自分に言われてる気がしたからです。
やりたい放題やっているし、これでもかってくらいに発表や授業者をやって、「先生が頑張っているのはわかりました」って、私に言ってるんですよねってくらいに、ドキッとしました。
先生の言葉を真摯に受け止めて、これからまた精進していきたいと思います。

何人かの滋賀の先生とはお話しできました。梶岡先生とも是非。
Posted by アンドレカンドレ at 2011年02月14日 22:05
<色:#006600>コメントありがとうございます。
<span style="font-weight: bold;">山崎先生</span>とも、<span style="font-weight: bold;">アンドレカンドレ先生</span>とも現地で余りお話しでき無かったことを悔やんでおります。
(ちょっと体調も悪かったので)
それと実は、酒の席というのが苦手だったりします。「<span style="color: #ff6600;">飲んで大いに語れる</span>」みなさんがうらやましいくらいです。</色>
Posted by kajioka at 2011年02月14日 22:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

http://forart.exblog.jp/15923955" target="_blank" rel="nofollow">得たもの その4 〜フォーラムPart2〜
Excerpt: フォーラムPart2「子どもの学び,美大生の学び,教師の学び」より  B-side美術教育雑感 というblogを運営されている滋賀の梶岡先生のお話がありました。いつもドライでシャープな切れ味の梶岡先生..
Weblog: 今、教室では・・・美術教育と特別活動を考える
Tracked: 2011-02-15 16:40
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。