2010年12月17日

いつも心に切り口を(5)

題材・素材・教材・・・という3つの要素から成り立っているという仮定で
「これを切り口に自分の授業を検証するのも良いよ!!」という提案でした。

検証の例としては、これまたこのブログで何度も紹介してきた
「未来に発見される我々の化石」というやつです。

紹介のプレゼンはこれ。
takatutki_7.jpg
生徒指導上の課題を多く抱えた学校に居たときに開発したもので、未来に自分たちの生活が化石として発見される・・・という主題に抜群のリーダビリティがあるので説明しやすいと考えたからです。

題材(テーマ性)のない授業が多い事を前回書きましたが、このテーマの指向性は強烈です。このテーマを目指すには、現在ある物をドンドン壊して、ドンドン汚していかなければ化石らしくならないからです
takatutki_8.jpg
3つの要素で言うと(残りの2つは)
素材は・・・・粘土・土台となる木製パネル・廃材・絵の具
教材は・・・・現代彫刻・アッサンブラージュ・レリーフ
となります。

前回のエントリーで「3つの要素は関連し合いながら独立した軸」であることを書き、同じ題材を別の教材からアプローチする例も書きました。

その仕組みが解っていると(1枚目の画像のように)「こんなことも可能だ」という例も示してみました。同じ素材である木製パネルをひっくり返して、同じ粘土を使って別のテーマでの制作も可能だという話です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
このシリーズは他府県T市から依頼されて講話をしたときの事をもとに構成していることはすでに書いたと思います。ですから、この話をした直後にT市の先生方と実践交流もしたわけなんですが、ある若い先生が自分の授業を発表されるなかで、誰も何も言わないウチから自分で
さきほどの講話に当てはめて考えると、この授業には主題が欠落しています
とおっしゃったのが印象的でした。
飲み込みが早いですねえ。将来有望ですな。



posted by kazyhazy at 21:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 切り口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『未来に発見される私たちの化石』 面白そうなテーマですね。
自分達の文化の現状を見つめなければならないし、それを徹底に汚して破壊しなければならないし、…既成の物のぶち壊し…。

色んなものに反発してる生徒ほど、のめり込んでいくでしょうね。
学校が荒れて悶々としている生徒達の心の奥が、吐き出されるように表現されていきそうな…。
そして、汚して汚し尽くして、破壊して破壊しつくしても、尚且つ残ってくる何か?に生徒達は気付くのでしょうね。
そして、自分が今!大事にしないといけない物に、自ずから気付いいく…。
正に学校の再生ですね。

いい教材を教えて頂き有難う御座いました。
Posted by 魚住東中学校のクワムラです at 2010年12月18日 07:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。