2010年11月13日

他府県の研究会にノコノコと・・・(補足)

<色:#006600>なんか・・・・
アクセス数が急に伸びています。
もしかして先日お邪魔したT市の先生方でしょうか?

もしそうなら、この機会にコメント欄に感想などお寄せください。
この文章の右下に小さく「コメント」という文字があると思うのでクリックしてくださいね。

さて、先日のT市での研修会ですが
T市の先生以外にも話を聞きに来てくれた先生方がいらっしゃいます。

なんと、堀田香織 大先輩と有名な谷山 育 大先生だったのです。
お二人ともこのT市での研修会で講師を担当されたことのある先生方で、私が3代目の跡を継いだ感じらしいです。

お二人は、多くの中学校の美術室にあるであろう「Watch」「Watch2」という本の作者でもあらせられます。

実は、昨年の研修会の後の懇親会で担当者が
「来年はどないしよう」
・・・とつぶやいたところ、谷山先生が
「次に来るのは滋賀県の梶岡君やろう」
・・・・と、ご推薦いただいたとか。光栄な話です。

(しかし、酒の席で決まっていたとは・・・・)

しかし、懇親会も良い雰囲気でした。
T市の先生方は毎月会合を持たれておられて、展覧会の準備や交流をされていると聞きます。うらやましいことです。

システムが違うとは言うものの、私が住んでいる市では非常に出張に出にくく、教科主任会や教科部会は有名無実。同じ市内の美術の先生がどんな方なのか知りません。

全県レベルでは破竹の快進撃を続ける滋賀県ですが(また出ちゃったよ自画自賛が・・・)市のレベルでは(本市は特に)停滞が著しいのでうらやましい限りです。


posted by kazyhazy at 01:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 切り口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何か、勢いもオーラも感じます!いいですね!
Posted by 山崎正明 at 2010年11月13日 20:16
<色:#006600>何を言っているのですか!
<span style="color: #ff6600;">強烈なオーラ</span>を発しているのは山崎先生の方ではないですか!</色>
Posted by kajioka at 2010年11月14日 14:52
先日は、本当にありがとうございました。あの時の参加者で、「たいしたことなかった」と思わなかったらコメントしたらあかんのかな?と思ってコメントできない。と思ってしまった方もいたようなので、もちろん、そんなことはないですが、コメントさせて頂きます。
 「削るべき部分を再認識」「題材・教材・素材」の三位一体のお話は、今後高槻市教研の授業研究においても、大事な切り口として、活用させて頂きます。『笑っていいとも』のテレフォンショッキングじゃありませんが、「お友達紹介」ならぬ「講師紹介」、またよろしくお願いします。
 今度はもう少し、具体的な「演題」をご用意できるよう頑張りますので・・・
Posted by 高槻 加藤 at 2010年11月25日 12:50
<色:#006600>加藤先生ありがとうございます。せっかくT市と書いてきたのに<span style="color: #ff6600;">バラしてるやんか!(笑)</span>
あの時に谷山先生もおっしゃっていらっしゃったけど、「<span style="font-weight: bold;">来年も続けて梶岡が行く・・・</span>」とか「<span style="font-weight: bold;">年に数回梶岡が行く・・・</span>」という方法が一番効果的なんだそうです。
まあ確かに、高槻がどんな長所を持っていて、どこをどう伸ばせばいいのか手に取るように解っているつもりなので、次の演題の作り方も、そのために組織がどう動けばいいかも話し合えそうです。
講演に行かなくても、こうしてやりとりしていけば色々相談できそうですね。</色>
Posted by kajioka at 2010年11月27日 22:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。