2010年10月22日

「家紋」のデザイン鑑賞会

「マーク作り・・・」の続きは後日アップします。

<色:#006600>昨日は、「中美連しが」恒例の役員会兼
秋の授業研究会でした。

夏と冬に大きな研究会が毎年あって、
その研究を深めるための授業研が春と秋にあるのです。

授業者任せの指導案ではなく
全体の研究計画に則った授業を提供してもらって
みんなで勉強する会です。

天井の蛍光灯を見れば解る・・・・教室は八角形でした
えっ?
そんなことはどうでも良いってか?

滋賀は今「デザインの鑑賞」に取り組んでいるので
その流れに乗って「家紋」のデザインを使った授業なのです。

家紋カードを使って「七並べ」のようなゲームをしているところです。
「梅の花つながり」
「動物つながり」
「シンメトリーつながり」

といった共通項を見つけられたら、その隣に置くことができる・・・というゲームです。
なかなか面白いので感心感心。

電子黒板も活用されています。
画像は西洋の紋章です。

歴史を経るなかで徐々に荘厳に、複雑に成長する西洋の紋章
モチーフである動植物をシンボライズして、<色:#ff6600>シンプルに洗練されていく家紋との比較学習のために登場しました。


posted by kazyhazy at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究団体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。