2010年10月19日

「マーク作り」始めました(3)

前回の記事のような新聞広告のスクラップが
たくさん収集できた次の時間は
それを使った鑑賞の時間です。

今、滋賀では「デザインの鑑賞」を研究の中心に置いています。
従来の鑑賞と違って、美術作品とは限らなくて
コップ一つ、スプーン一本
でも授業が始められるという
特異な状況であることに気づいた我々は、日夜四苦八苦しているのですが・・・・

その研究の延長線上にあるわけではなく
今回は非常に気軽な鑑賞会です。

集めた大量のマークの中から
1,形状の美しさに魅力を感じたもの
2,マークに込められた意味を表現する工夫に感心させられたもの

という観点で自分のベスト作品を選びます。
そして、
それをみんなで共有するために発表し、何が良かったか説明する・・・
というシンプルな活動です。

このようにマークを生み出す工夫と(思考過程)と
洗練された形状について学習したら
いよいよ次は、「自分の名前」を使って「自分のマーク」を考えるのです。



posted by kazyhazy at 20:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前からとても興味深くブログを拝見しています。
初めてコメントいたします、大阪で講師をしている者です。

マーク制作がとてもおもしろそうで、ぜひうちの中学校でも授業に取り入れたいと考えています。

そこで質問なのですが、集めたマークの鑑賞の際は生徒のマークが他の生徒全員に見えるようにOHPなどお使いでしょうか?

突然のコメントで申し訳ありませんが、どのような形で鑑賞をされているかよろしければ教えていただければ嬉しいです。
Posted by suzuki at 2010年10月27日 00:41
<色:#006600>コメントありがとうございます。数年前、<span style="color: #ff6600;">大阪市</span>から講師に呼んでいただいて、このマークの話もしたと思うのですが、その時に観客席におられた先生でしょうか?
 マークの鑑賞で生徒が共有するためには<span style="color: #ff6600;">実物投影機</span>でスケッチブックをそのまま投影するのが妥当だと思います。ただ、この時は授業の進度の都合で実現できなかったので、私が黒板にマークを大きく書きました(笑)すいません。マークはシンプルな形のものが多いので可能でしたが、ベストだとは思っていません。(生徒は「先生うまいなあ」と感心していましたが)</色>
Posted by kajioka at 2010年10月27日 01:31
お返事ありがとうございます!
今年から講師を始めたばかりで、数年前の大阪市の講演には参加していないです。知っていたら参加したかった・・。

こちらのブログを知ったのは美術教育について調べていてリンクからたどり着きました。
見ていて勉強になることがたくさんあります、さっそくマーク制作(4)(5)も読ませていただきました。

実物投影機という代物が学校にあるか調べてみます、おそらく黒板に書く形をまねさせていただくことになりそうです(笑)
Posted by suzuki at 2010年10月28日 00:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。