2010年09月22日

マイブーム「佐藤雅彦氏」再び

<色:#006600>美術手帖で佐藤雅彦氏を特集していたので即購入。
これも自分と認めざるを得ない展」を中心に
”属性”に関する佐藤氏の考察が特集されている。

電通時代から注目していたが
ダンゴ三兄弟のヒットや
その後の慶応での研究室が手がけたピタゴラスイッチなど
目が離せない。

何と言っても視点が斬新で、
美術教師が共感できる「教育」の原点に立脚した視線に
惹かれるのだと思う。

これも自分と認めざるを得ない展」は東京で開催されるのだそうだが
こういう、本当に見たいと思えるような展覧会って
かならず関東でしかやらないのが残念。

東京ぐらい行けよ」と言われるかも知れないけど
諸般の事情をいかにクリアしていくか・・・にかかってるよなあ。

★関連記事ピタゴラスイッチ


posted by kazyhazy at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。