2010年09月18日

「やる気」の証(2)

<色:#006600>「ええ?もう終わりの時間???」
…と生徒が言うかどうかで、集中の度合いがわかるという話でしたが
もうひとつネタがありました。

今授業をしている教室は個別の机が並んでいます。
(大きな作業台に6人が座っている・・・というやつではないと言う意味です)
床には机の位置を指定するマークがマジックで書かれています。

それがないと、いつのまにか生徒の机が前進してきて
黒板と机の間が狭くなってしまうからです。

だから、いつも授業の終わりには、
「起立」の号令で生徒が立ったついでに
「は〜い 机をマークの所まで引き下げてぇ」
と声をかけます。

<色:#990000>「別に机の位置、そんなにずれてへんでぇ」
と言う生徒もいますが、それに対してすかさず
<色:#ff6600>「がんばって集中して作業してたらなあ、知らないうちに机が前に進むねんで」
なんてことを言ったりします。

集中していたら時間を忘れる話に続いて、またもやそんな事を言ったりしてます。

すると案の定
「先生!私はめっちゃ前進してました。(笑)」
なんてことを言う子がいて
さっきの子も
<色:#ff6600>「ずれてないと思ってたけど、前進してました。(笑)」
なんて調子を合わせてきます。

まったく、のりが良いというかなんというか。
(関西圏だからでしょうか?)

まあ、口では冗談っぽく、あるいはワザとらしく言ってますが
ほんとに、殆どの生徒の机は前進して、
知らず知らずこちらへ迫ってきています。


posted by kazyhazy at 22:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前進はしてきませんが・・・どうも大きな机=教卓(上記に記してある6人がけ机)が好きなようで,人の机のっとりしている生徒は多いなぁ。号令10分前に「さささ。君たちもどらっしゃい!」で,同じく「早っ!!。めっちゃ早!!」って言われますね{笑顔}
Posted by hakusuke at 2010年09月23日 13:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。