2010年06月18日

今年の夏はどうなる?

<色:#006600>昨日の記事でも触れましたが、
役員会ではもう夏の計画や段取りが話し合われています。

昨日県内に配布されたので、ここでもお披露目です。
滋賀の夏の研修会はこれまで、
2008年:文科省の村上調査官
2009年:(元)高知大学の上野教授

・・・・というように、ここをお読みの皆さんもよくよくご存じの方を招いてきました。
私自身も<色:#ff9900>「本当に来て欲しい{汗}」と切実に思う人々に来ていただいて、幸せな時間をいただいておりました。

そして、今年は上のポスターにもあります通り、
京都市教育委員会から<色:#ff6600>東良雅人先生をお呼びいたします。
この先生も何年も前から「いつかは滋賀にお呼びしたい」と願っていた方です。(う〜ん!なんて幸せ{キラキラ})

県内の教師向けに企画していながら、いつも県外からの申し込みが絶えない研修会であることを自負しているんですが、さっそくもう県外から参加の話が来ているようです。

<色:#ff6600>このブログをお読みの皆さんもいかがですか?
上のポスターは解像度が低いので、あれを使って申し込むのはキツイかもしれません。
ここのコメント欄を使っていただくか、中美連滋賀のWebページからPDFをダウンロードして申し込んでください!



posted by kazyhazy at 21:44| Comment(2) | TrackBack(1) | 研究大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
拝聴したい!ハイ。それだけです。駅伝指導さえなければ,出向きたいこと山々!!
Posted by hakusuke at 2010年06月19日 22:32
<色:#006600>夏休みも色々と用事が多いですよね。<span style="color: #ff6600;">教委</span>に居てた頃もそれが悩みでした。<span style="font-weight: bold;">中学校</span>の先生は大事な大事な(本当に来て欲しい)研修会にも、部活や大会で来て貰えなくて・・・。
なんか<span style="color: #ff6600;">本末転倒</span>のようでした。授業に関わることが最優先じゃないのです。</色>
Posted by かじおか at 2010年06月21日 20:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

http://yumemasa.exblog.jp/13482591" target="_blank" rel="nofollow">「なにをさせるのかではなく なにをみにつけさせるのか」
Excerpt: 滋賀の研究会はおもしろいです。  今年の夏はどうなる?←B-side 美術教育雑感  今年の夏の会は東良(ひがしらまさと)雅人さん(中央教育審議会芸術部会でもご活躍)が講師です。「なにをさせるのか..
Weblog: 美術と自然と教育と
Tracked: 2010-06-20 09:34
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。