2010年06月17日

デザインの鑑賞

<色:#006600>今日は中美連滋賀の役員会の日
前回本部役員だけの会合だったのですが、今回は各市の代表役員も交えての拡大役員会です。

ここで今年度の研究指針が発表されたり
夏休みの美術部展の段取りが決められたり
夏の研修会の検討があったりします。

しかし、数年前からこの役員会の日に公開授業もするようになり
今日の授業研をスタートにして夏、そして秋の授業研、そして冬の研究大会へと「系統立てた」流れが生まれました。

一発こっきりの実践だけで打ち上げ花火のような(よくある)研究大会をしないのはナカナカ凄いことです。
(私の手柄ではありませんが{汗})

今日の授業は「デザインの鑑賞」です。
写真のように「コップ(容器)」を取り上げて、<色:#ff6600>デザインとは何かに迫ります。

以前の記事で指導案を練っていたのもこの授業のためです。
その時も感じましたが、いやあ、奥が深いです。

通常なら「ピカソのゲルニカ」を鑑賞する・・・・とか
「ダビンチのモナリザ」を鑑賞する・・・とか
授業の目的に照らして選ばれた作品が持っている力が、授業を動かす大きなカギになるのですが、デザインの場合はそれが違います。

名も無き作者による「紙コップ」でさえも題材となり
色々な角度から新たな視点を得ることができ、
世の中にある星の数ほどのコップの中から何を選び
どんな切り口で何をどこまで学ぶのか・・・・選択肢が多すぎて可能性は無限大です。

それだけに授業を組み立てる側に、それを律する力が要求されます。

「作品」に束縛されて、「作品」のエネルギーを借りられる
これまでの鑑賞のありがたみを感じる1日でした。

話は変わりますが今日の研究会には、なんと
東良雅人先生が来ておられました。
このブログを読んでいるような「関係者」なら、この名前にピンときたはず。

さあ、なぜ東良先生が来ておられたのか・・・・・
謎解きは近日公開します。


posted by kazyhazy at 23:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 研究団体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごい!豪華ゲスト!!どんなご助言していったのか知りたいです。
あぁ。東京の学び研。大会の関係で参加できませぬ{落ち込み}このエントリー読みながら,色々な物を観ることって大切だなぁ,感じ取らせる学習を大事にしたいなぁと今まで以上に感じました。まだ続くエントリーでしょうから{笑顔}追加ネタ楽しみにしております。
んーーそれ以上に,眠い。日に焼けエネルギー切れです。
Posted by hakusuke at 2010年06月18日 21:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。