2010年06月02日

指導案は皆で作れ

<色:#006600>ちょっと間隔が開いてしまいました。
実は風邪で寝込んでおりまして・・・・。
クラスの生徒にも何人か風邪で休んでいて、他クラスもチラホラ。
なんか流行っているみたいです。

だから少し前の話題になるんですが、
本年度最初の美術教育連盟の役員会がありました。
役員会的な事務処理もあったのですが
メインは指導案でした。

6月中旬の春期授業研究会を控えて
みんなで指導案を作るのです

もちろん授業者も参加しているのですが
授業者がほとんど作った指導案を手直しする・・・というのではな
研究内容に沿って
「どんな授業にするべきか」
「我々はどんな授業で学ぶべきか」
「どんな教材を使うか」
「どう進行して、どちらへ展開させるのか」などなど
根本的なことからディスカッションです。

組織が一体となって研究を進める中美連滋賀ならではの醍醐味です。
船頭さんが多すぎて船が山に登りそうになるくらい
色々なアイデアが飛び出して中身が二転三転します。

授業者に内容を任せきりにしないで、
皆で考えた内容で「授業をしていただく」・・・というスタンスでしょうか。

授業を見学してから授業研究会をはじめて
あれこれ言うような従来型ではなく
授業を一緒に作るところから研究会が始まっているところが良いんですよ。
(自画自賛)

やっぱり、ご苦労いただく授業者の先生が一番得をする!
・・・・という形態でなけりゃね。


posted by kazyhazy at 22:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 研究団体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今晩は、山崎です。いいですね、このようにして授業をつくるのは…。おもいろいし、勉強になりますからね。唯一のデメリットは時間がかかることでしょうか。
滋賀の研究の取り組みはわかりやすくていいですね。あー、こんな話あいに参加してみたい。でも、時間もっと長くなるかなあ(笑)
Posted by 山崎正明 at 2010年06月02日 22:51
<span style="color: #006600;">こんばんは山崎先生。
コメントが到着すると携帯が鳴るようにしているのですが、一気に3回も鳴ったので驚きです。ありがとうございました。近いうちに是非滋賀へご招待申し上げたいと思います。</span>
Posted by かじおか at 2010年06月02日 23:14
こういう話し合いもいいですね。
授業前に、参観する先生方も授業がわかっていると、
事後研も進めやすいですね。
Posted by Y.Mochizuki at 2010年06月06日 08:39
<色:#006600>そうなんですよ。mochizuki先生。事後研が「やりやすい」って言うよりは「<span style="color: #ff6600;">深まる</span>」って感じでしょうか。一緒に作った者ばかりが参加者というわけではありませんが、より深いところで議論が進められそうです。</色>
Posted by かじおか at 2010年06月08日 23:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。