2010年02月06日

冬期研究大会開催3

<色:#006600>すこし更新の間隔が開いてしまいましたね。
お久しぶりです。

公立推薦、私学・・・・怒濤のように入試が来る季節になりました。
研究大会の報告をしている途中で中断していたので
間が抜けているのですが・・・・

研究会場の外側の廊下です。
ここで、奥村調査官を中心に
参加者全員でギャラリートークをしました。
美術館の作品とは違って生徒作品の場合は
授業者が居ますので色々話が聞けて楽しいです。
私が授業した作品もいくつか話題に取り上げられました。

非常に充実した研究会であったことは
こちらのサイトからもわかります。
毎年恒例!参加者の声のコーナーです。

「今日まで自分は一体何をやっていたんだろう」

とつぶやきながら帰って行った先生のことが印象に残ります。


posted by kazyhazy at 09:43| Comment(3) | TrackBack(1) | 研究団体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山崎正明@北海道です。やはり滋賀の研究はおもしろいですね。研究に対するデザイン感覚が優れているのだと思います。研究テーマもいいし、ブログで紹介させていただきました!
Posted by 山崎正明 at 2010年02月09日 23:00
<span style="color: #006600;">ありがとうございます。いつもながらに周囲をもり立て、応援しようという姿勢に頭が下がります。</span>
Posted by kajioka at 2010年02月11日 19:30
もり立てるというより、本当にいいものはいいですからね。
みなさんに 見てほしいです。なんか工夫して楽しんでいるのがいいんですよね。
Posted by 山崎正明 at 2010年02月11日 20:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

http://yumemasa.exblog.jp/12814232" target="_blank" rel="nofollow">充実の滋賀の研究
Excerpt: 滋賀の中学校美術の研修会は充実しています。研究紀要もそうですし、研究の構成もシンプルでわかりやすい。  そしてその発信の中核をなす「中美連しが」それに加えて「B-side美術教育」そして「美術教育HO..
Weblog: 美術と自然と教育と
Tracked: 2010-02-09 22:57
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。