2009年11月04日

「新参教師」読了

<色:#006600>「新参教師」という小説があります。本屋で文庫になっているのを偶然見つけたのですが、さっそく購入してあっという間に読んでしまいました。

新しい風を民間企業から教育現場へ…という政策に応募した主人公が遭遇する事件をコミカルに描く、読みやすい小説なんです。

たいていの場合は公務員のぬるま湯のような「お役所仕事」に民間企業人が切り込む…というのが、よくある話。
そんな話なのかな?と思いながら読んでいると、全く逆でなかなかリアル。

<色:#990000>◆着任早々、職員室の自席に座って、隣の席の教師がパソコンで仕事をしているのを眺めている主人公。隣の教師に向かって主人公は
「あの〜、私の机には端末がないのですが・・・」と尋ねる。
隣の教師は、
「あっこれは私のです。あなたも不便だから買った方が良いですよ」
とアドバイス(笑)
主人公は仰天する。

◆8時15分から勤務を始める主人公。普段よりも仕事の開始が早いのにとまどう。業間10分の休みなんて、休憩にはならないし、昼も教室で昼食指導をしながら自分も昼食。休む間もなく午後の授業。放課後は部活。勤務時間を過ぎた当たりからやっと、プリント作りなどの仕事らしいことができる。さらに土日もつぶれるという激務に目をむく主人公。

よく、我々の職場で、なにか「ぬるい」事態を眼にしたとき
なんか勘違いしている御仁が
「そんな手ぬるい仕事ぶり、民間では通用せんぞ!」
と、おっしゃる。

そう言うときには時々教えてあげるんだけど
こんなに従業員の自腹に頼った経営をしている側…管理職や市政…にこそ、民間では通用しないような甘えがあるんですよね。


posted by kazyhazy at 20:41| Comment(5) | TrackBack(1) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。仙台市某中学校がモデルになっている小説ですね(^_^;)文庫本になっていたのですね。へぇ×3。私はこの小説読んでいる途中で、真相が見えてしまい、「あぁ・・・」となった記憶ありです。非常にわかりやすい展開だった記憶が・・・。

最後のエントリーされた言葉にウンウンと頷いていてしまう私でした。木枯らし寒いぃぃぃ。
Posted by hakusuke at 2009年11月04日 21:36
<span style="color: #006600;">エントリーしてすぐにコメント、そしてトラックバック。素早いなあ。

そうそう仙台がモデルでしたな。この小説。だったら伊坂幸太郎の小説なんかも読破してるのかな?hakusuke氏は。</span>
Posted by kajioka at 2009年11月04日 21:52
ふとしたことでたどり着きました。先生のご記憶にはないと思いますが、20+α年以上前に教育実習先で教わった元生徒です。美術班と呼ばれた部活でも指導していただいたので私の記憶には残っていました。美術の先生としてご活躍の由大変懐かしくそして嬉しく思います。美術からは遠ざかっていましたが、お絵描きと工作の好きな子どもに恵まれ、昔を思い出しながら楽しんでいます。
Posted by morimoto at 2009年11月14日 14:54
<span style="color: #006600;">覚えているよんポニーテールだった森本ちゃん。あのときは中2でしたね。卒業後も大学院にまで進んだってことは覚えていますが、その後どうしてるの?</span>
Posted by kajioka at 2009年11月15日 01:56
覚えていて下さったとは驚きました。その後は海外の大学院にも進み、現在は関東地方で大学の非常勤教員をしています。教職課程必修の憲法も教えていますよ。来春一年生の娘と絵や工作を楽しんでいますが、必死になって遊んでいるのはむしろ私。小さな子どもでも楽しめる面白そうな美術の情報を時々ネットで探しています。金網に絵の具を乗っけて歯ブラシでごしごしとか、白いろうそくでお絵描きした上に水彩絵の具を塗るとか。時々覗かせていただきます。
Posted by morimoto at 2009年11月16日 10:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

http://hakusuke.exblog.jp/4155383" target="_blank" rel="nofollow">新米教師
Excerpt: 本売りに行くため,本整理をする。熊谷達也の『新参教師』(徳間書店)が出てきた。恐らく,教員養成セミナーかなにか教育関係の雑誌に紹介されていた本であり,仙台市が舞台と書いてあったので購入したはずだ。 ..
Weblog: つくること みること かんがえること
Tracked: 2009-11-04 21:38
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。