2009年06月21日

がんがんバリバリ美術の時間5

<色:#006600>そろそろこの活動も終盤に入っています。
色が入ると「ぐっ」と感じが変わります。
上はまだ色を塗る前の状態です。
まだ、埋め込んだ部品が生々しい・・・・というか
まだ<色:#ff6600>「ケータイ」としてのアイデンティティをかろうじて保っています。


ところが、色を塗ると意味合いが変わってきます。
(普通のデザインセットで、塗ったりスパッタリングしたりしてるだけなんですが)
「板」とか「粘土」とか「ケータイ」だったものが、
それぞれの属性を捨てて
ただのマチエールに変化しています。

壊す作業に続いて人気のある、「化石らしく古色を偽造する」時間です。

「もっと濁った色で・・・」
とか
「もっと、雑な感じで塗って・・・」とか
「こらこら、まだまだ綺麗すぎるぞ〜」
・・・・・なんて、指導する言葉は普段とは逆のことばかりです


posted by kazyhazy at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。