2009年05月12日

がんがんバリバリ美術の時間2

<色:#006600>喜々として破壊活動にいそしむ生徒達(笑)
あんまりこういう体験が少ないのでしょうか?

美しく、丁寧に、器用な生徒向けの授業は山ほどあるけど
中学生の(特に男子の)パワーを受け止められる題材は少ない・・・


・・・と以前におしゃったのは滋賀大学の新関教授でした。
それに対する回答になっているでしょうか、この題材。

昨日の帰りの会後、ある担任の先生が
「今日の生活の記録は、殆どの生徒が美術の話題ばっかりやったけど
 一体、なにをしてはるんですか?」

・・・なんて聞いてきた。

ふっふっふ 
美術室以外で、生徒の関心が美術に向くなんて素晴らしいことだ。

そう言えば廊下でも時々こんな話題が聞こえてくる。
「なあなあ、どっちを選んだ?Aコース・・Bコース?」
「私は化石の方にしたで」

こんなんが普段の話題に出るなんて感無量です。
会話の意味が分からない人は過去の記事を見てくださいね!
★関連記事:授業内のコース選択

先生のブログ読むわ・・と言ってくれたMさん達。
コメントをどーぞ。


posted by kazyhazy at 21:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメしにきたッ!!笑
でも、コメする内容
なぃので終わります...ゎラ
では。。。^^
Posted by Mサン達 at 2009年05月12日 22:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。