2009年01月21日

中美連しが研究大会(5)当日2


<色:#006600>公開授業が終わったら、すぐに本会場で基調提案
今までは、すぐに授業研究だったんですが
それだと、授業者が戻ってくるのを待たないといけないので、
今年度の改良点です。

公開授業の後は、後始末とか、なかなかすぐには戻ってこれないモノ。
そこで、授業者が来るまでの間に、先に他のプログラムを進めてしまおうという作戦。なかなか良いです。

基調提案も、さすがは人見先生。ソツがないです。
よしよし、なかなかウチは人材が揃ってるぞ。(自画自賛)
私が研究部長だった頃に考案した研究テーマとそのメカニズム
ずいぶんと整理され、私よりもわかりやすく説明してもらえるので
大変GOODです。

ただ、今年度から始まった「鑑賞プロジェクト」がメインの活動なので
「中美連しが」という組織の研究テーマ
今年のプロジェクトの主旨や目的とを
両方提示するというのは大変だったと思います。

私としては、研究組織のテーマや方向はできるだけシンプルなのが好きです。
毎日出会って研究を進められるわけではないので
1年ぶりに出会った人も巻き込めるような
インパクトがあり、単純な形態が求められます。

今後の課題ですね。


posted by kazyhazy at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。