2009年01月06日

美術館との連携project5

<色:#006600>お笑いの方をちょっと中断して・・・・
中断と言うことはまだ続くのか?>>はい)

美術館との連携プロジェクトの紹介をば。

「中美連しが」の冬の研究大会(要項にリンク)では、滋賀県立近代美術館の学芸員(平田氏)をお迎えして、
「美術館との連携でできる鑑賞の授業ワークショップ」
を実施する予定です。

私がこのワークショップを担当し、ファシリテーションを仕掛けようと目論んでいるのでありんす。(おいらん?)
(まだ煮詰まっていない部分もあり、ちょっと悩みも残ってますが・・・・)

今年度の美術館とのプロジェクトでは、
近代美術館は、学校の鑑賞の授業のために
■プロジェクトで選んだ収蔵作品の複写大判
■生徒一人一人がじっくり見るための複写A4サイズ
■作品の解説と授業例

などを貸し出しすることになりました。

これを研究会で紹介し、
さらにワークショップの中で実際にこれらを使って
グループごとに<色:#ff6600>魅力的な鑑賞授業案を作ってしまおう・・・というのです。
さてさて、どうなる事やら。乞うご期待・・・でありんす。

さらに、我々のプロジェクトよりももっと連携が進んでいるであろう記事の紹介を。
<リンク:http://gakkobijut.exblog.jp/10018291/>

↑画像をクリック!

同じ「ブログ村」のエントリーであり、同じ「学び研ML」の情報であり、同じ滋賀県でもあるので、
(しかも会場は我が家の近所)
トラックバックして、こちらでも宣伝させていただきます。


posted by kazyhazy at 22:51| Comment(1) | TrackBack(1) | 美術館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
当方のブログをご紹介くださり、ありがとうございます。「しが子ども文化芸術祭」に9日の午後から高校の研究部でも参加する予定です。中美連さんの活動も高校でも拝見したり、合同で研修会など面白そうかなと思っています。今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by 滋賀の山崎です。 at 2009年01月06日 23:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

http://yumemasa.exblog.jp/10167839" target="_blank" rel="nofollow">ブログ「高校の美術でできること」
Excerpt: 滋賀の高校の先生yamasakiさんがとっても心強いブログを開設しました。 「高校の美術でできること」です。 もう、このタイトルを見て、うれしくなりました。 美術教育について、みんなでこうして..
Weblog: 美術と自然と教育と
Tracked: 2009-01-09 19:29
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。