2008年12月24日

冬の審査会

<色:#006600>今日は「中美連しが」の研究大会に向けて
大会当日に展示される展覧会の審査
公開授業の指導案検討に行ってきました。

場所は、大会会場でもある安土中学校です。

「安土」といえば、ほら。あれですよ。
安土桃山時代・・・・の安土です。

大変歴史のある町で、安土城にちなんで
授業も<色:#ff6600>狩野永徳の作品鑑賞ですから、今から楽しみです。

審査の方は「3年生の立体担当」でした。

いやあ
立体は面白いねえ。
平面に比べてもバラエティに富んでいるし
授業を計画された先生方の熱意とアイデアの結集!!!という感じで
毎年楽しみです。

入選者数と出品数から単純計算すれば
出した作品が全滅する」恐れもある厳しい中で
本校は平面立体とも全学年で入選をいただき、なかなか優秀{笑顔}

以前にこのブログで紹介していた
未来に発見される我々の化石」の作品なんかは
ひとつ通っても嬉しい枠に2つも通過!!

大健闘を生徒に報告できそうです。


posted by kazyhazy at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。