2008年11月17日

美術のいかがわしさ(2)

<色:#006600>ご存じ、世界的にも有名なアーティストである<色:#ff6600><リンク:http://www.kaikaikiki.co.jp/artworks/eachwork/project_ko2/>村上 隆 氏の作品です。(元画像にリンクしてありますので、クリックしてみてください。)

どうです?<色:#990000>いかがわしいでしょう?
(なんて書くと失礼か?)
こちらに作品一覧がありますのでご覧になってください。

画像をこのブログに勝手にコピーするわけにもいかないので
リンク先の作品をご覧ください。

センセーショナルな点では会田 誠 氏を思い出す方もおられるかもしれません。

一昔前なら
「こんなのは美術じゃない」
「これで芸術と言えるのか?」

・・・・と噴飯ものだったのではないでしょうか。

けど・・・・
この台詞、以前にも聞いたことがないですか?
どんな時代にも、この台詞があったとは思われませんか?

たとえば・・・(以下次号)

{注意}正直、難しいテーマなのでスイスイと書けないのです。(笑)


posted by kazyhazy at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。