2008年10月16日

滋賀の鑑賞プロジェクト2


<色:#006600>本日は滋賀の鑑賞プロジェクトの公開授業第2弾!
豊日中学校というところで授業研究会がありました。

扱われた教材は、彦根駅前に
おなじみの彦ニャンのとなりに展示されている
彦根屏風!


カラーコピーされた彦根屏風が
生徒一人一人に手渡され
生徒達も屏風のように折り曲げたり伸ばしたりしながらの鑑賞です。
先生、ご苦労様です。

調べ物や資料の準備が大変な鑑賞の授業ですが、
こうして皆で取り組み、
実践を蓄積していくことの大事さを感じました。

この授業を見た教師は、(私も含めて)
この授業を共有財産として、
改善しながら自分のものとしていけるからです。


posted by kazyhazy at 20:48| Comment(3) | TrackBack(0) | 研究団体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいですね、この「共有」という感覚。
Posted by 山崎正明 at 2008年10月16日 22:26
いいですね。一人一人が手元に持ってじっくり見ることがとができる鑑賞はいいなと思います。
Posted by さいびかん at 2008年10月23日 22:47
<span style="color: #006600;">先生方、コメントありがとうございます。鑑賞資料の準備の大変さを思うと、実践されている先生方には頭が下がります。</span>
Posted by kajioka at 2008年10月30日 21:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。