2008年09月29日

文化の秋の常態化

<色:#006600>みなさん。めっきり涼しくなった・・・・というか
寒くなりましたよね、突然。

近畿でこんなに寒くなったら北海道はどうなんでしょうねえ山崎先生。
(トラックバック拝見しました。同じ新聞の記事に注目ですね。)

さて、日が開きましたが先日の文化祭の続きです。

今度は美術部のコーナーです。
マグリットの模写が目を引きますが、油絵以外のマンガ、イラスト系も多いです。
展示の仕方がちょっとシロウトくさいのですが、
ウチの学校は本当に「文化」から遙か遠いところにある学校なので
スペースも展示機材も寂しい限りです。

しかし、さすがは美術部。
一般生徒は部屋に入るなりみんな
「うわあ!すげえ」と、声を上げていきます。

今風に言う子は「ヤベぇ」「マジすげぇや!」などと感心していきます。
美術部の面目躍如ですなあ。

こういう機会がめっきり減ってしまった今の学校。
年に1回なんて少なすぎる。

成績第一、運動部優先の世界で
学力も点数、スポーツも点数・・・という価値観ばかりが横行して、

けど
こういう機会があると素直に「すげぇ」という声が出る。

こういう「すげぇ」を
文化祭の日だけではなくって
<色:#ff6600>常態化していくような努力を・・・・・していかなあかんなあ。


posted by kazyhazy at 22:09| Comment(3) | TrackBack(1) | 学校行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「すげえ!」いやー、こういう言葉が出てくるっていいですね。
ところで、椅子を使った展示、なるほど、そんな方法もあるんですね。工夫の人ですね!
Posted by 山崎正明 at 2008年09月30日 06:39
<span style="color: #006600;">コメントありがとうございます。山崎先生のブログの文化祭の写真に刺激を受けてアップしました。
遠く離れているのに刺激をいただきありがとうございます。</span>
Posted by kajioka at 2008年10月01日 20:31
そうだったんですか!私の学校祭は滋賀の先生からの影響を受けているんですよ。感謝しています。リレーコラム、おもしろいですからね。
関連する記事をトラックバックしておきました。
Posted by 山崎正明 at 2008年10月02日 21:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

http://yumemasa.exblog.jp/5249930" target="_blank" rel="nofollow">学校祭で自然木をもとにした造形
Excerpt: 学校祭で生徒が取り組む一部門として立体造形をする事にしました。条件はコストがかからないことでした。 そこで、間伐材に目をつけました。千歳市の森林組合に連絡をしたら、管理している森に案内されました。実際..
Weblog: 美術と自然と教育と
Tracked: 2008-10-02 21:34
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。