2008年08月30日

夏休み最後の研究会

<色:#006600>7月29日(金)に参加したのが夏休み最後の研究会でした。
このブログでもたくさん紹介したので
「最後の最後まで、まだ行ったんかい!」
と言われそうですが行きました。

行ったのは県内の附属中学校の研究発表協議会。
いつも先進的なことで有名な為か、全国から集まっておられました。

情報学に基づいた教育課程・・・ということで
「情報」といえばコンピュータかと思われがちですが)
有名なボーン図(魚骨図)やKJ法、などのマインドマップを駆使して授業はすすめられ、
生徒は情報や発想を思考法によって広げたり整理したりするものでした。
(このブログでも「ファシリテーション」のカテゴリで関連)


この日は美術科では<色:#ff6600>「マンガ大解剖」と名付けられた公開授業に司会役で参加。
InSEAでも多数取り上げられていたVisual Pop Cultureですな。

見所満載の授業で、生徒も参観者も、もうお腹一杯という感じ。
逆に工夫や良い切り口が多すぎたので
本大会のメインテーマに沿って
情報学に基づいた<色:#ff6600>「提示情報の整理」が必要だったかも。

とにかく授業者には感服でした。


posted by kazyhazy at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。