2008年05月06日

ラップの芯(2)

<色:#006600>サランラップ、クレラップ……何でもいいから芯の部分を残しておくようにと各クラスに指令を出して半月。

試しにあるクラスで
<色:#ff6600>「ラップの芯が用意できた人!」
と、手を挙げさせたらまだ約半数。

ちっ。しまった。
読み違えたぜ。(サスペンス小説風)

本当は3学期の1月や2月くらいから募集を開始しようと思っていたのだけれど、
「まだ、早いかな?」
なんて思っているうちに春休みになるまで忘れていたのさ。

もうひとつミスをしていたのは3年生の立体制作のこと。

こ〜んなのを作らせる予定なんだけど
(この題材に関しては別記事で!)

このままだと2年生の立体制作と<色:#ff6600>時期がかぶってしまう!<色:#006600>立体制作の場合、作品を乾燥させるスペースなどの都合で、2学年同時というのはつらい。

しかも受け持っているのは2年生8クラスと3年生5クラスの計13クラス!
約500人を超える生徒の作品を乾燥させるスペースはない!!!

台所の事情もあってラップの芯というのは急に集められるものではないということもあるので、
やむなく2年生の立体の方は、時期をずらすことに…(とほほ)

3年生には今、熱血的に力を注いでいるからなあ。
この題材も例年<色:#cc0000>多くの生徒が「燃える」課題なので、一気にたたみかけるように提示したいのだあ。


posted by kazyhazy at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。