2008年03月27日

学年末の美術室(1)

<色:#006600>学年末というわけで、掃除をしております。
美術室です。そして<色:#ff6600>美術準備室です

■しかし、なんで美術準備室はこんなに汚いんやろ?
なんか転勤するたびに汚い準備室を、長い時間かけて整理する人生と言ってもいいぐらい。

佐藤可士和の超整理術でも皆さん読んで欲しいわぃ、まったく。

■昨日は展覧会から返ってきた生徒作品や、3学期の作品を額に入れたり掲示したり…。
この1年間で美術室もずいぶん変わりました

転勤してきたばかりの頃は、なんか<色:#330099>倉庫のようなところで授業してたけど、やっと美術室らしくなったかな?

「名画」の掛図も全部はずしました。
昔の油絵とかは、やはり絵の具が古いのか、発色も悪いし、どうも部屋が暗くなる。
きちっと鑑賞の授業で説明しないまま、ただ教室の壁で埃をかぶらせるのは、不気味な印象を持たせて逆効果。<色:#006600>■全部生徒作品にすると、部屋がパッと明るくなりました。
上級生の作品も下級生の作品も、掲示することでお互いに刺激になります。

新1年生も、この部屋なら刺激を受けるだろう…な〜んて皮算用。

■準備室の方はまだまだかかりそうです。
20年前ぐらいの先生の後始末をしてるのかも…と思うようなモノも出てきます。
なにがシンドイって、棚の置き方自体が悪いのに、中身があふれるほどゴミだらけなので動かすこともできないことでしょうか。

みなさん私に勇気をください!


posted by kazyhazy at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。