2008年03月23日

DTPのススメ(7)

<色:#006600>研究紀要の季節ですね〜。(ちょっと話題が遅いか)
先日も印刷屋さんと話をして、本校の紀要の表紙の案を<色:#ff6600>データ入稿させていただきました。

「データ入稿」というのは紙に印刷したものを渡すのではなく、Adobeイラストレータなどを使って「」をこちらで作り上げて、メールやCD-ROMで原稿を送るというものです。

印刷屋さんの手間が省ける分、入札などでは安くなる場合があります。

その時の印刷屋さんとの会話の中で
「そしたら、<色:#ff6600>文字のアウトライン化をよろしく!」
と言われました。
(知っている人はちょっとマニアック?)

文字のアウトライン化」というのは…<色:#006600>フォントの形状を図形として確定させることです。
コンピュータの文字フォントというものは、OSに依存するもので、使っているコンピュータによって、どんなフォントがインストールされているかがマチマチです。

たとえ明朝体と言えども、メーカーによって微妙に違うし、美しさにも差があります。
(私が好きなのは小塚明朝

ですから、アウトライン化しないでデータを相手に渡すと、相手のパソコンに入っているフォントでしか表示されないので、見た目が変わってしまうのです。

図形化するといっても、ビットマップやJPEGではジャギーになりますので、<色:#ff6600>輪郭線を滑らかにトレースしたドローデータにするのが「アウトライン化」というわけです。


posted by kazyhazy at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | DTP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。