2008年03月12日

美術の成績:何期制?

<色:#006600>今日は3学期の成績をつけるカタワラで、実技教科の者が協議をしていました。

<色:#660000>来年度の成績を何期制でつけるのが良いか?
についてです。

本校は前期・後期の2期制で時間割が変わるくせに、成績(通知表)は各学期ごとに出るという3学期制

この第3学期に、2年生は、各クラス10回づつ授業をすることができました。そして、かなり急がせて詰め込んで3つの題材に取り組みました。
それでも、4観点のそれぞれの項目に対して、しっかりと評価するには、もっと評価材料が欲しいところ。担当している生徒の人数も人数ですからね。

もっと厳しい3年生の家庭科なんかは、4〜5回ぐらいしか授業がないとのこと。

時数が少なく、持ちクラスが多い教科の悩みを考えると、3期とも成績を付けるのはつらいところです。

しかし、本校は巷では受験校と呼ばれる学校。
他校に比べて、勉強はできるが実技教科は…?…という学校。

成績を付ける回数が減ると、ますます実技教科を軽く見る傾向が強まるのでは?
…という懸念もあります。

<色:#990000>ここを読んでくださっている皆さんの学校は、どのような方法を取っておられますか?
それぞれにどんなメリットがありますか?


色々と教えていただければありがたいです。


posted by kazyhazy at 19:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 美術教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
読んではいます!!ただただ、28日までカウントダウンで仕事が入っていますので、冷静な気分になったら詳細を記します!

ちなみに3期生の、実技教科もテストあり、
3学期は6回の内容で評価しました。3年はかなり厳しい状況で評価しました。

では後ほど書き込みします。ふぅぅぅ魂抜けるわ。
Posted by hakusuke at 2008年03月12日 21:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。