2008年02月28日

狙われる世代(1)

<色:#006600>「もしも美術がなかったら」はもう少し授業が進むまでお休み。
今日は、テレビを見ていて気付いたこと。

テレビCMを見ていると、プロダクトデザインCFプランナーの狙いが見えてくる場合があります。

狙いって言うほど大層なものじゃないんですが…

少し前のキリンビールの宣伝に、リニューアルした「ルビーの指輪」が使われていました。
寺尾 聡はモチロンのこと、ピアノの井上 鑑や、ギターの今剛まで再現されていて
「おっ懐かしいな」
と思っていたら第2弾は再結成したYMOの「ライディーン」。

来たなー。これは間違いなくターゲットは我々の世代!!

そんな風な視点で見ていくと、チューハイのAWARDS(アワーズ)のバックに流れているのはバグルスの「ラジオスターの悲劇」ではないか。
これは単に、曲の「アーワ、アーワ」というコーラスの洒落で選ばれたのかも知れないけど、ちょっとマイナーな、こんな曲まで選んでくるとは!!

他にも、softbankの携帯電話はオリビアニュートンジョン&ELOによる「ザナドゥ」で、最近曲が変わったと思ったらスウィングアウトシスターの「ブレイクアウト」。

(全部家にCDがあるぞー)

購買層として重要視されていると思うとチョット緊張するぞ。(どこが?)

つづく


posted by kazyhazy at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | プロダクトデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。