2008年02月07日

DTPのススメ(6)

<色:#006600>前回はフォントの話でした。
某フォントは、ちょっとセンスに問題アリという独断もありました。

今回は<色:#990000>ジャンプ率というお話。

聞きなれない言葉かもしれませんが、要するに小さい文字と大きい文字の「大きさの差」と考えてもらえれば、だいたいあってると思います。

タイトル 中見出し 本文
の3つで考える場合、タイトルは特大サイズ、中見出しは少し大きめ、本文は小さめにすることは分かっていますが、その差が問題です。

右は以前にもUPした同じ画像ですが、タイトルの文字は、ちょっと普段のワープロでは使わないくらい大きなサイズをつかっています。

逆に本文フォントは小さいです。通常のワープロソフトは10.5ポイントが標準ですが、9か8まで落とします。

小さくて読みにくいのでは?と思われるかもしれませんが、こちらの方が読む人の立場に立ったレイアウトで、バランスも美しく仕上がることが多いです。
追加の詳細情報や備考などは本文よりもさらにサイズを小さくします。

これは、情報の重要度を<色:#ff6600>あらかじめ文字の大きさに託してあるということなんですよね。
全員が読まなくてもよくて、詳しく知りたい人だけが読めばいい情報は、レイアウトの邪魔にならないように小さくしておく。

逆に見出しやタイトルなどは特大にしておくことで、興味を惹き、何が書いてあるかを的確に伝え、その後に本文まで読むかどうかを<色:#ff6600>読者に判断させようという配慮なのです。

そこで読む気にさせたら、ポイントの小さい本文文字でも読んでもらえるというわけです。


posted by kazyhazy at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | DTP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。