2017年03月24日

21世紀型スキル(5)

前回の「21世紀型スキル(4)」で紹介した雑誌ですが・・・
stem.jpg
上の方に「STEM」という言葉があります。
これはScience(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)のそれぞれの単語の頭文字をとったもので、オバマ大統領が一般教書演説等で優先課題として取り上げたことが広まるきっかけとなった「科学と数学を土台として展開する科学技術人材育成を行おうというアメリカの戦略」です。
日本では国家戦略と言う位置づけまでにはなっていないようですが民間レベルでは研究が進められていて、STEM教育の塾なんかもすでにできています。
stems.jpg
ちょっと気が付いたのは、これまでは21世紀型スキルでも、キーコンピテンシーでも登場していた「立場の違う者同士が協力し合って解決していけるようなコミュニケーション能力」のようなものがSTEMでは影を潜めています。
特別支援の観点から言えば歓迎すべきことで、「こだわり」が強すぎたり、コミュニケーションができずに学校では苦労していた子が、ここでは大活躍することもあるそうです。
学校でありがちな「平均的に何でもできる」生徒を育成するとか「普通はこうだ」と押し付けるのは、もう通用しないみたいです。

STEM教育は「STE(A)M教育」とか「STEM+Aと表記されることもありますが、これは芸術のArtを加えたものです。
科学技術だけ・・・よりも、やはり芸術的な視点が必要だということで加えられたのですが、まったく当り前じゃないですか(笑)
そんな大事なAを後から追加するなんて!気づくのが遅すぎるでしょ。

日本にSTEM教育時代が到来したとしてもSTE(A)Mとして重要な役割を果たせる教科でありたいものです。
posted by kazyhazy at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

授業を見る 授業を作る (最終)

初任者研修推進委員会と言うものが学校にはあります。
校長、教頭、教務、指導教官(私)、初任者3人、初任者が所属する学年の主任、初任者が担当する教科の指導員・・・という構成員で学期に一回ぐらい開かれます。
メインの担当者である私以外にも、
「みんなで君たちを見ているよ 支えてるよ」
というのを再確認するような場で、それぞれの立場からのアドバイスをして各学期を締めくくります。
今回は3月ということもあって、3学期の・・・というより「この一年の」締めくくりをしました。
これで1年間の初任者研修は「修了」ということになります。
初任者たちは1年を振り返って、気づいたことや次年度への目標を語りますが、
美術のYさんだけでなく、美術以外の教科の初任者も
「梶岡先生に授業というものの常識を覆された。」
というような意味のことを言うものだから、どんなことを初任者に言っていたのかな? と授業を参観したときのメモを見直してみました。
jugyou.jpg
◆根本的に「授業と言うもの」をまだ誤解している?
 先生が学習内容を生徒に「教えるのが授業」だとは思っていないか?
◆現在の○○先生の授業の状況
 @先生が授業をすすめて、私(生徒)はそれを見聞きする(お客さん状態)
 A先生の話が終わるのを私は待たなければいけない(たくさんの説明を聞く)
 B先生が黒板を書くのを待つ状況(写し取るだけでは退屈になってきている)
 C指名された他の生徒が意見を言うのを聞く(優秀な友達が考えてくれる)
 D授業全体が進行していくのを眺めて、答が出るのを待って写し取る。
 ・「主語」がすべて自分自身以外の者になっている。
 ・大半の生徒が傍観している立場になっている。
◆こういう授業へとシフトできるか
 @先生は、私がこれから「何を考えなければいけないか」を示される。
 Aこの授業が終わったときに、
  私が「何ができるようにならなければいけないか」を示される。
 B今から私たちに「何を解決してほしいのか」疑問や課題を投げかけてこられる。

 「授業の主体は私たちなんだから、私たちでこの一時間をなんとかしなきゃ」と生徒が思える授業を目指そうな・・・とこういうメモを渡したり、メモを見ながら話し合いの場を持ったりしていた訳です。

posted by kazyhazy at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

メンター制の研修(最終)

昨日に引き続いて↑(最終)の文字が!!
3月も下旬という事で、色々なシリーズが最終回を迎えようとしています。
メンター制の研修も先日、最終回を迎えました。
本来は初任者3人のための企画なのですが、メンター自体が「職場の先輩を囲む小グループ」という意味合いもあるので、若い先生方には軒並み参加を呼び掛けています。
IMG_0510.jpg
この日も生徒を帰した後の教室で8人の若手 + 私・・・で勉強会です。
話題提供は10年目の先生で、その先生が担任する教室を会場にして「教室経営」「4月の最初の3日間」について、良い研修会をすることができました。

夏休みに準備をして9月からスタートさせたメンター制ですが、全員の先生から「どんな話だったらできるか、得意なのか」についてアンケートを取っておいて、その中から講師役の先生をお願いしていました。
この10年目の先生からは「4月の最初の3日間の学級経営」についてなら話ができるという回答を得ていたのですが、9月からメンター制を開始するときは「ちょっと時期が遅かったなあ」なんて思っていたものです。
しかし!!
「そうだ!3月に研修会をやれば4月に生かせるじゃないか!」
と思いついたわけです。(えらいぞ>私)
1年経って学校の様子もわかり、色々な反省点にも気づいている今、4月からの新学期のスタートに「こういう風にやってみよう」「あんな風にやりたい!」と意欲的に学級づくりを考えてもらうには今時期が一番ではないですか!!
同じように考えてくれたせいか、若手〜中堅で担任を持っている先生や、現在は講師だけど4月から採用が決まっている先生が集まってくれたという訳ですね。

posted by kazyhazy at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 校内研 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

校内研日和(最終)

本日は本校職員に「研究紀要」を配付することができました。
今年度は研究のやり方や進め方を抜本的に組み直し、メンター制などの新しい企画も併用しながら進めることができたので、
「これは是非!冊子に残した方が良い」
と言う校長の鶴の一声で原稿を作って発注しました。
IMG_0513.jpg
冊子にするとなると、やはり費用が掛かります
安く上げようと思ったら、PDFで仕上げてサーバー上に置いて、皆さんにはリンクのショートカットだけを進呈する・・・という方法があります。
いくらなんでもそれは・・・と言う場合は原稿PDFをCD-Rに焼いて配付するという方法もあります。
例年はどちらかの方法だったと思うのですが
「見たいときにデータを開かなければいけないのよりも、やはり手に取ってパラパラめくれる物でないと・・・」というのが校長の持論で、年度末の苦しい時期に費用を捻出していただきました。

これまでも冊子の印刷を発注することがありまして、まだあまり普及していなかった時代からネット印刷はガンガン利用させていただいていました。完成原稿のEPS(エンハンスドポストスクリプト)のデータ入稿で安く上げる工夫なんかもしてきました。
今回もネットで比較して最安値を探しまくって見つけておいたのですが、それよりもずっと安いところにお願いすることができました。このブログの愛読者のIさんです。
安いだけではなく知り合いでもあるので丁寧に対応していただきました。
この時期は非常に忙しかったのではないかと思うのですが、お世話になりました。
ブログをやっていることが、こんなところで役立つとは!

配ったときの先生方の反応は・・・ご想像のとおりでした。


posted by kazyhazy at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 校内研 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

21世紀型スキル(4)

これも学び研in大阪での話。
メインのプログラムの裏でいろんな話題が飛び交っていて、このブログでも表舞台の事をあまり書かないで、それ以外の所ばかりで学んだことを書いているようで恐縮なんですが・・・
「週刊東洋経済の見出しがなかなか凄い言葉を使っている」
というような話題があったのです。
上野行一先生から教えてもらったので購入しました。
51Hqp0MMK4L.jpg
この「食える子」というのは、方向性としては「生きる力」と同義だと考えます。
これまで紹介してきたように既存の職業は崩壊の危機にある訳ですから、従来型の学習では将来「食えない」ということになってくる訳です。
この本では2020年が大きな山場だろうと書いてあります。

どう山場なのかを考えるために、ここまでの流れを振り返ってみると・・・
90年代に詰め込み教育の反省から学習内容と時間の絞り込みが行われ、総合的な学習の時間が登場しました。詰め込み教育による学校の荒廃という「デススター」を木っ端みじんに打ち砕く思い切った改革です。
こうして「自ら考える力」の育成へと大きく舵を切った訳ですが、失敗だったのは受験システムを変えなかったことでしょうか。新しい学習の方法は旧来型の受験には有効ではないので「学力が低下した」と誤解され、「ゆとり教育」という言葉は悪いイメージで使われるようになりました。
その反動で私立高校や学習塾が「ウチは学力低下させないで、しっかり詰め込み教育しまっせ」とアピールして少子化時代を生き抜こうとしました。こうして偏差値重視教育が復活して、親は「お受験」なるものに飛びつくようになって現在に至る訳です。
これはもう「帝国の逆襲」です。
授業時数も、「ゆとり」で減らされた実技教科を戻さずに5教科の方を増やしたわけですから公立学校の「自ら考える力」陣営「偏差値学力」陣営に敗北してしまっているわけです。

ところがここに来て風向きが変わってきました。
「今度は失敗しないぞ」とばかりに大学受験の仕組みから変えながら「アクティブラーニング」を導入してきます。昔の「ゆとり用語」を使っては勝てないので新しい言葉のように使っていますが「自ら学ぶ力」陣営ですよね。新しい領域へ進んだのではなく再チャレンジです。
まるで「ジェダイの復讐」です(笑)
尾木ママのようなテレビに出ている教育評論家の論調も変わってきています。
AIが進んで、消える職業が加速したのも後押しして、21世紀に通用するような「食える子」を育てるには、どうすればいいのかをテレビや本で語るようになり、きっとこの雑誌もその方向で作られるようになったのでしょう。

「知育偏重帝国」「自ら学ぶ軍」のせめぎあいに何らかの結論が出るのが2020年という訳です。

posted by kazyhazy at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | アクティブラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ
にほんブログ村